創立費について

Pocket

お金会社設立をするなら創立費について確認しておくとよいでしょう。創立費というのは、会社設立にかかった費用のことを指していて、会社設立に必要な費用のみが該当してきます。創立費の計上には、定款への記載が必要になってくるので、具体的にどのような費用が創立費に該当するのかをしっかりと確認しておきましょう。

まず、定款や規則作成のために必要となった費用は創立費に含まれてきます。また、株式会社の場合は、その募集の際に必要となる広告費も創立費とみなされます。さらに、創立の準備において、創立事務所を設立した場合、その賃貸料も創立費として計上することができるようになっています。また、金融機関や証券会社などで発生した手数料についても創立費として計上することができるので、覚えておくとよいでしょう。

このようなものが創立費に該当するので、会社設立をするならしっかりと把握しておいた方がよいです。創立費と勘違いしやすいのが、開業費と呼ばれるものです。これは開業準備のための費用になっているので、創立費とは異なってきます。創立費は、しっかりと会社法によって定められた費用となっているので、正しい認識で使っていきたいところです。